ティアラの特色

メッセージ

株式会社ティアラが一番大切にしていることは、
常にお客様を大切に、お客様の視点に立って、共感していただける提案をしていくということです。
そこで、株式会社ティアラに必要な人としては、それぞれの持ち場で期待されている役目をプロとしてこなせる人。
企画は企画のプロ、WEB / DTPWEB / DTPのプロ、ショップ販売はショップ販売のプロ、真にお客様のお役に立てる人材。
問題意識を持って、問題提議や一般論ではなく、具体的な解決法をもって、仕事のできる人。
お客様の視点で常に考え、努力し、お客様が共感してくださる広い意味でのサービスを提供していくことが出来る人。
常に成長している会社です。そして、一緒に会社を作っていってくれる人材をお待ちしています。

株式会社ティアラ 代表取締役
金澤 良範

 

ティアラのはじまり

素敵な出会いがあるといいな…

小さな頃の記憶 外国人のお家の匂い
ソファ カーテンふかふかのじゅうたん あまーいお菓子
お家に帰ると 一人で部屋作りの空想にあっという間に 時間が過ぎていました
今から思えば その頃から部屋を飾るこものたちにこだわりを持ち始めたような気がします。
そして 小さい頃から好きだったピンク色はいつしか それはお守りのカラーとなっていました。
やわらかくて 優しく ふんわりと包んでくれる 甘く 可憐な印象 私のウエディングティアラを
その後何人もの人たちに使ってもらうたびに いろいろな幸せの形が繋がっていくような気がしました。

そういう思いを込めて“ティアラ”と名づけました。

自分だけの時間を大切にしたい あたりまえのようでなかなかできないことです。
いろいろなライフスタイルがある中で 一人でも多くの人達の暮らしに
自然に溶け込めるものが作れたらと思います。

心地よい生活のためのお気に入りをティアラで見つけてもらえますように…

株式会社ティアラ エグゼクティブ ディレクター
金澤 明美

ティアラの人材育成プログラム

自分磨きができ、新しい自分が発見できるティアラ。
ティアラでは、社員と会社が常に成長できる組織を目指して、様々な人材育成プログラムに取り組んでいます。


ありがとうポイント
働いているスタッフ同士、「感謝の気持ちを伝えよう」という目的で、何かしてもらった時には感謝の気持ちを込めて「ありがとうシール」を、渡すようにしています。
シール1枚で1ポイントになり、あげた数、もらった数を月ごとに集計して、それぞれNo.1を決めています。本社スタッフのNo.1は、社内に、店舗スタッフのNo.1は店舗に表彰盾を飾っています。
部署を超えてスタッフ間のコミニケーションの機会となっています。年末に行われるTiara MVPの選考にも加算されます。


Tiara MVP
業務、スタッフからのありがとうポイントを加味し、1年で最も輝いた方にTiara MVPを設けております。
また、該当者には、賞状、ギフトチケット等をお渡ししています。


コンテスト
販売の現場では、各種コンテストを実施しています。 表彰やプレゼントもあります。
たとえば・・・

  • コーディネイトコンテスト(スタッフがご提案するコーディネイトに、投票して頂くお客様参加型のコンテスト)
  • 販売コンテスト(社内での販売力強化のためのコンテスト)
  • ラッピングコンテスト(スタッフのラッピング提案に 投票して頂くお客様参加型のコンテスト)など

コンテストをすることで、自分自身に足りないところを発見したり、
逆に得意なところを見つけたり、自分自身への気づきを感じられ、スタッフ同士の「競い合い」というよりも、自分自身を見つめ直すきっかけとしてとらえているスタッフが多いようです。


研修制度
仕事のスキルアップや自己啓発のため、様々な社内外の研修に参加することができます。参加したスタッフは、社内ブログで報告することで、他のスタッフも知識など共有され、仕事などにおける視点などのや意識向上、問題への対策、などに繫がっていきます。


プロジェクト
VMDやSNSなどの各種店舗運営プロジェクトを、直営店スタッフが店舗横断型で、楽しんで取り組んでいます。自身のスキルアップにもなります。


社内ブログ
数十人いるスタッフ間の情報、伝達、提案等のコミュニケーションツールとして ティアラでは「社内ブログ」を活用しています。大切な報告、社長からの思いをリアルタイムに皆で共有でき、全スタッフの方向性や気持ちを一貫することができる大切な場となっています。
また、日々のお店での出来事や仕事、お客様の声、感じたことなど、情報を共有し合い、それに対して全スタッフがコメントできます。そのため、普段あまり話す機会の無いショップスタッフや本社スタッフなど、遠くにいても距離が縮まります。


採用情報トップに戻る